消費しないと生きられない社会

消費しないと生きられない社会

日本の経済はここのところずっと不景気です。私が学校を卒業したときは就職難で、大卒でも就職するのがとても難しい時代でした。就職できないから大学院に行く人もいました。でも今度大学院をでると、初任給が高いからと就職できない人がいました。それが数年して、今度は少子化により企業が人材を探す時代になりました。少子化だから、そりゃそうだよな。かと思ったらまた就職難の時代がきました。・・・一体なんなんでしょうか。

私は経済のことは勉強していないのでよくわかりませんが、株をやってる人や経済評論家の人が「お金が回らないと経済が衰退すると」言っているのを聞いたことがあります。それが本当だとすると、お金を回すために何をするか。新しいものを売って買ってもらうというのが一番わかりやすいことではないでしょうか。普通何か新しいものを買うときって「それが必要」と感じたときです。

電子レンジがある家に同じ電子レンジがいるかといったら要りません。それを「いる」「ほしい」と思わせるために今までにない機能を開発するわけです。そしてまだ使える電子レンジを廃棄するか誰かに譲って新しいものを購入します。この経済効果って相反するものがあります。

メーカーにとっては「核家族化」というのは奨励すべきものです。だって一人一人別のところに住めばその分電子レンジを必要とされるわけですから。でも省エネのためには家族全員一緒に住んだりルームシェアした方が節電にはなります。昔はそんなに消費のスピードが早かったわけではないと思います。でも今は毎年毎年新商品が発売されます。そんなに新しいものが発売されるという裏側は、同じくらいのごみが発生するということではないかと思います。まぁ、私はなかなか捨てれないので実際には「同じ量」ではありませんが。私は捨てれないから家の中にいっぱい色んなものが溜まっていますが、片付け上手な人は捨て上手といいますよね。私の友達も捨て上手なのですが。

でもそれって、家の中はすっきりするけど外に対してはごみを増やしていることになるわけです。「経済のために」消費することは必要かもしれないけど、生きるために経済があるのだったら、私たちは自然保護のために何かしないといけないと思います。ごみ拾いとか植林活動とかの活動もしている反面、自分たちが出しているごみがどれだけ環境に影響をしているか知らないし無関心です。

それを製造するためにどれだけ二酸化炭素が発生しているか知りません。多くの工場では多くの化学物質も排出しています。またどれだけの水を汚染しているのかもしりません。

これからは経済のためでなく、これからずっとこの地球上で生きていくために、生活のあり方、経済のあり方を考えていかないといけないのではないかと思います。これまで私たちが生きてきた地球環境が持続できなければ、私たちはこの地球で生き続けていくことはできないと思いました。

新型アウトランダー値引き額

会社ぐるみのSNS、あなたはどう思う?

ミクシィなどのハンドルネームでの登録可能なSNSと違い、

Facebookは実名での登録となっています。

それゆえに日本での浸透率は世界に比べてまだ途上ですが、

それでも近年の増加率は目を見張るものがあります。

やはり実名登録だと現実での繋がりも深くなり、

SNS以外でも繋がっていたいという意思の表れかもしれません。

そして実名登録の影響は仕事にも出ています。

特に会社単位での繋がりが最近流行し始め、お知らせなどをfacebookで行う事もあります。

確かにそうした利便性が図れるfacebookは便利ですが、

やはりインターネット上では別人、関わりたくないという意識も強いのです。

アンケートにおいてこんな項目がありました。

SNSにおいても上司または会社の人間と繋がっていたいか。

これに対してはおよそ8割の人がNOと答えました。

特に相手が上司なら拒否反応を示す人が多く、

上司と繋がった結果プライベートにまで被害が及んだケースもあるそうです。

日本人はどちらかと言えば閉鎖的であり、SNSの匿名性を好むあたり、

公私は別でありたいというSNSの使用目的があると言えます。

さらに言うなら上司と言えば年上であり、そうした人との生きてきた世代の違いもあり、

上司は休日でも仕事をすることを好ましいと思っている人が多すぎるのです。

対してSNSをよく利用する世代は若い人が多く、そうした方は匿名性を重んじるあたり、

完全な公私分けを望んでいるのです。

やはりSNSに対しても世代毎に意識の違いがあるらしく、

そこから波及する問題も絶えません。

一方で、上司と繋がる事に抵抗が無いと言う人も居ます。

そうした方の意見は「別に繋がる事が嫌な上司じゃないから」と言うのが大抵です。

そうした点から見れば、facebookはその社内を映す鏡かもしれません。

薄っぺらい繋がりはその程度の上司でしょうし、

プライベートでも繋がれるようなら公私を分けている上司なのでしょう。

もしも会社にSNSを導入するなら、予め会社向けのアカウントを作成して、

という風に分けた方がいいかもしれませんね。

皆さんの会社でも知らないうちに何らかのコミュニティが出来ているかもしれません。

ですがせめて仕事に関わらない事ならプライベートまで言及しないような、

節度のある繋がりにしてもらいたいですね。